スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ポール先生の目の体操

自分の体の中で一番悪いのは、視力だと思っている。まぁ、日常生活ではメガネがあれば困らないのだが、夜間の運転には、コンタクトレンズが欠かせない。 また、ここ数年、人間ドックを受けると、眼圧の高さが指摘されるようになった。市民病院での精密検査では、視野に問題はないとのことだが、緑内障の心配もあるので、定期的な検診を勧められている。

さて、ビートルズのポールマッカートニーである。60才を超えてなお、若々しい。

ポールはベジタリアンで知られているが、健康維持には自ら気をつかっているのだろう。

YouTubeに目の体操を紹介している。 この体操によって、視力の維持だけでなく、体全体の緊張も解けるという。

さぁ、皆さん、ご一緒に! 左、右、上、下、ぐるぐる回転ーん!





あのトローンとした目を維持するのも大変だ!


人間ドッグ2007

日頃、体に無理をさせているのは自他共に認めるところであるが、毎年、一日人間ドッグを受けている。
去年の検査では、肥満、通風、胃かいよう、脳・心臓疾患、緑内障、胆のう腺筋症⇒デブで胃がん、脳卒中で倒れて目が覚めると失明という最悪の結果のため、今年も若干ビビリながらの受診である。

検査結果が郵送で送られてきた。一人で開けるのは恐ろしいので、職場の同僚に宣言の上、ご開帳。

そのビビリまくりの結果がこれだ! ワン、ツー、スリー・・・

↓生化学(血液検査)、検尿


↓超音波

↓総合判定


超音波で胆のう壁内結石がC判定「日常生活で注意・観察」、血液一般がB判定「軽度異常があるも日常生活に支障なし」、その他はすべてA判定「正常範囲」という素晴らしい結果が!楽しい 血液一般のBは、赤血球の数が正常範囲内になかっただけだし、その日の体調に左右されるので問題ないだろう。

まぁ、胆のうが去年同様あやしいのと、総合判定でしっかり、「肥満を認めます。」と書かれたのがイタイけどね。

肥満は、痩せりゃいいんだろ、単に。大したことじゃないね。体脂肪率23.3%らしいけど、これって高いの〜?忘年会ラッシュが続く今月は無理なので、来月あたりから減量作戦開始、あくまでも予定ですけど豚

しかし、ちょっと気になるのは、去年あれだけひっかかったのに今回この結果というのは、どうも解せないな。特に生活変えたわけでもないのに、酒もタバコもふつーにやってましたからね。(現在禁煙1ヶ月中)

実は検査病院が去年と今年では違う。素人にはわからないけど、検査機関、つまり検査する人によって結果が異なるのでしょうか?

今年検査機関を変えたのは、プールとジャグジー風呂があると聞いたから。たしかに25メートルプールと何種類ものジャグジー風呂があって、ほとんど貸切状態だったよ。その他、ふつーの風呂(シャンプー付き)もあって、検査にかかる時間以上くつろいだ。

聞いた話だと、この病院では、2日ドッグの場合、宿泊先のホテルへ向かう途中、三内丸山遺跡や八甲田山の城ヶ倉大橋など、市内の観光名所を行程に入れるらしい。
わざわざ、下北や八戸からもお客さんが来るんだってさ、つくづく、病院もサービス業なんだなと思ってしまった。






オデの空〜車検〜人間編

先日受けた人間ドックの結果が来た。
結果は、A:正常、B:わずかな異常(要経過観察)、C:軽度異常(要指導)、D:要精密検査、E:要治療の5段階で、今回の検査で、Cが身体計測、代謝、腹部超音波、動脈硬化検査。Dが感覚器、消化管という結果となった。具体的には、肥満、通風、胃かいよう、脳・心臓疾患、緑内障、胆のう腺筋症の恐れがあるという。これほどまでにひっかかるとは・・・つまり、将来、杖ついたデブで胃がん、脳卒中で倒れて目が覚めると失明してたといった具合だ。まさにお先真っ暗である。



悲しんでいても仕方がないので先日市内の総合病院で精密検査を受けてきた。まずは眼科から。
緑内障は簡単にいうと視野が次第に狭くなっていく病気で最悪、失明してしまう。現在、根本的な治療法がないという恐ろしい不治の病である。
2人の先生から見てもらったが、視野の異常もないし、今のところは様子をみましょうとのこと。日常生活で気をつけることもないそうだ。おいおい。ほんとに大丈夫?


お次は胃の精密検査だ。胃カメラは予約が必要なため、本日、検査とあいなった。
では、記念すべき人生最初の胃カメラのお味をレポートしよう。その手順は次のとおり。〇罐灰奪徃省のヤクを飲み干す。∀咾剖敍注射←けっこう痛いよ、これ。うがい←のどの麻酔。まずいのでのどより舌がビリビリしびれる。た寝に横たわり、開口器?なるものを噛まされる←恥辱プレイではない。ツ招贈吋札鵐祖度の黒いチューブ=胃カメラの挿入、どんどん飲み込む。
お味は・・・・やっぱり、まずいよ、これ。もはや涙目であるあせあせしょせん異物、食べ物ではないのだ。(当たり前)
先生は「はい。楽にして〜。2、3分で終わりますからね〜」と言ったがその倍はかかっていたな。

結果は異常なし。去年も健康診断でひっかかったと言うと、「そうだね〜ちょっとでもカゲでるとすぐ精密検査にまわすからね〜。来年もひっかかったらまた来てね。」だそうだ・・・おいおい


あ〜自分はつくづく医者になればよかったと本気で思う今日一日。オデの空〜車検〜人間編 でした。


人間ドック

20060929_211046.jpg
今日は年に一度の健康診断「人間ドック」の日である。青森市内にある健診センターの受付は、大きなカウンターになっていて、若いねぇちゃんが立っている。これでベルボーイがいれば、ふつーにホテルだね。

それにしても、この専用トレパン・・・まるで体育教師だな、こりゃ。

その後、流れ作業のように検査が次々と進む。身長、体重、視力、血液検査、腹部超音波、胃・胸部×線等等・・・データはすべてパソコン管理で検査員に無駄口は一切なく、受診者ぜんぶにまったく同じセリフを繰り返す。

そのおかげでこっちは頭の中をループして悪魔にとりつかれた気分である。


健診自体は午前で終わり、その後、塩分控え目の昼飯が出て、午後から診察と栄養指導である。お昼時間はジュース飲み放題、マッサージ機無料、インターネット完備、もちろんテレビも雑誌もある。

で、本日の結果だが、コレステロールと尿酸が若干高めな他は問題なし。

お医者からは「ビールの飲みすぎ!」

栄養士からは「つまみは、とうふ・枝豆!」と大変ありがたいアドバイスをいただいた。

朝8時半に来て、帰りは午後の2時半過ぎだ・・・これではどこにも遊びに行けませんな、こりゃ悲しい

さて、このいたれりつくせりの人間ドック、料金はお一人様、10,000円也

クイズ、ハイ&ロー?
1