スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

バレンタインデーの起源

 


さて、2月14日は、バレンタインデーであることは知っていても、この起源を知っている人は少ないのではないだろうか。

紀元前4世紀、この日はルペルクス祭りであった。ローマでのことである。

この日になると、10代の娘は自分の名をカードに書いてくじ箱に入れる。

若い男は、そのくじ箱から1枚だけ引いて、カードに書かれた娘と1年間恋人となれるという祭りなのである。

娘たちは、大好きな男に自分のカードが引かれますようにと胸をときめかしていたにちがいない。

早い話が日本の村祭りでの無礼講や夜這いと変わらない。


時は流れて・・・


496年、時の教皇ゲラシウスがこれを廃止し、その日を殉教した聖人バレンタインの名をとって、バレンタインデーと名づけ、くじには、聖人たちの名前が書かれるようになった。

くじを引いた者は1年間、その聖人を見習えというわけだ。

しかし、当然、若者からの反発も大きく、若者たちは、好きな相手にカードを渡すようになったのが、バレンタインカードのはじまりである。




乱交をやめさせようとしたゲラシウスだったが、結局、求愛の日として世界中に定着するのだから、若者の激情はいつの時代も止められないww



ちなみに、女性が男性にチョコをあげる風習は日本独自のもので、1970年代後半の菓子メーカーの策略だったことも覚えておこう。




JUGEMテーマ:日記・一般
1