スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新型フォレスターとXV試乗



JUGEMテーマ:日記・一般
 
スバルの新型フォレスターXVに試乗した。

実はスバル車はこれまで購入がなく、「雪に強い」スバルの本当の実力について、実感がないw

試乗車は、フォレスターは、ターボ車のアイサイト付き、しかも本皮シート!

隣に営業マンが座ったので、あまり自由にできなかったのが残念。

試乗コースは、三内のディーラーからフェリー埠頭〜ベイブリッジの往復。

第一印象は、ハヤッ!!

ターボのチカラってこれほどなの!?

あっという間に100キロオーバーです!

加速Gもスゴクて、同乗者は気分が悪くなるかもです(笑

まぁ、低速時のトルクも十分だし、オデに比べるとややこじんまりした車内は決して窮屈じゃないし、目線もほどよく高いので取り回しが楽チン♪

アイサイトは・・・

車線を越えるたびに警告するのが多少、ウザイが安全装置としては仕方がない?

総合的には、フォレスターのこの鬼のようなスピードと加速は、日常生活にはいらないけれど、

大人のオモチャとしては、サイコーな1台と言える。



実際は、スキー場登ることないけどね ↓↓

急な下り坂で車速が制御・・・って必要か!?




続く、XVは、こちらも最上位グレードのアイサイト付き。

こちらは、NAなのでフォレスターのような爆発的な加速はないけど、必要十分な加速です。営業マンの話では、ベースエンジンは、フォレスターと共通らしい。(2000cc)

まず、デザインがカッコイイ。歴代のスバル車の中でイチバンじゃないですかね♪

サイドブレーキがフットじゃないのもスポーティでいい。

目立つオレンジ色もある、女子受けもしそうなオシャレ〜なクルマ。

20代なら迷わずこっちだろうなぁ。

こちらは、営業マンが乗らなかったので、モヤまで行ってきました。

ハンドルの左右にパドルシフトがついているのだけれど、追い越し時と下りのエンジンブレーキなど、その手軽さに思わず多用してしまった。

あと、信号待ちでは、エンジンがストップして、ブレーキから足を離すとエンジンが再始動するんだけど、結構ウルサイので慣れるまで気になるかもしれない。

小一時間じっくり楽しませていただきました、イッヒッヒ




雪道の強さは確認できなかったけれど、スバル車のこの2種は若々しくて、運転していて、とても楽しいクルマでした。

ただ・・・ちょっと気になったのは、ボタン類が多いのはどちらも最上位グレードだったからだと思うけど、本当に必要なのかなとも思ったところ・・・

近頃はエンジンも足まわりすら電子制御されていて、以前のクルマのように個人レベルでいじくれなくなったのがサビシイ

(以上、徳大寺harry 文)




オデの空〜パワステオイル漏れの巻

JUGEMテーマ:日記・一般
 

アクセルを踏むたび、ウィーンというモーター音。エンジンルームから音がするような・・・

日増しに大きくなってきたので、ディーラーへ

原因はパワステオイルが滲み出して、減っていたとのこと。

気になる修理代は、工賃込みでナント、

9まんえーん、エーン、エーン(涙)


でも、待てよ、前にも確か直したような・・・


調べてみると約3年前にもほとんど同じ内容、同じ金額で修理履歴があった!


保証期間は、2年間とのことであったが、交渉の結果、4万円弱まで下がりましたw

(見積もり書)



入院期間は約2日間。その間の代車は、22年式インサイト。 
今流行のハイブリットカーである。



5ナンバーサイズで昔のCR-Xの後姿に似ているね。
空気抵抗が少なそうな卵型がカワイイ♪




すべて液晶表示のメーターが未来的ではあるけれど、オモチャみたいw

現在のところ、燃費は14.9km/Lらしい。




ちょこっとインプレッション

「路面が凍結してるので、運転に気をつけましょう」といったアナウンスが突然後部座席からしゃべりだしたのには、ビックリ!

○信号待ちなどで、ブレーキをかけるとエンジンがストップするが、
再始動時に一瞬吹けあがるのでビビる!

○基本はエンジン走行なので、加速もスムースで力強さがある!

○エンジンを切ると、エコ走行の結果が出るけど、大きなお世話です(笑)

○構造上、後ろが見えにくい!

○FFしかないらしいけど、青森じゃ、やっぱり4WDでしょー!






オデくん引退の頃は、ほとんどハイブリットカー全盛になっているのかなぁ







オデの空〜 自分で名義変更の巻

 
JUGEMテーマ:日記・一般

今年の夏、我が家へ新家族が!

クルマですけどね



新車の補助金制度もあるせいか、中古車市場も意外と値がこなれてきたような・・・

しかし、程度がよくて安いのは、ほとんど県外ナンバーだったりする。

う〜ん、県外だと実車も見られないし、名義変更もあるしなぁ

大体、名義変更ってそんな大変なわけ?あ〜ん?


つうことで、初めて自分で車庫証明からナンバー変更含む名義変更やってみたので以下に記録しておく。


結論から言うと、書く書類が多いだけでカンタンである。

係の人もまー親切だし。

参考HP「ラーメン食べある日記

あと心配していたナンバープレートの封印外しも拍子抜けするほど

ただし・・・

青森陸運局は実は「運輸支局」と「交通会館」が並んでいて、渡り廊下でくっついているのだけれど、

まずは、運輸支局で受付
         ↓
印紙を買いに交通会館へ
         ↓
次はナンバー外しに駐車場へ(封印外し)
         ↓
返納証明(交通会館)
         ↓
車検証(運輸支局)
         ↓
税申告(交通会館)
         ↓
新ナンバー取り付け(DoItMyself)



てな具合で何度も行ったり来たりさせられるのであった 

青森だけ?


最後は、封印してもらってオシマイ。 この封印作業は職員のおっさん(失礼)が特別な工具もなにもなく素手でポチってやってくれますww

封印外しは、真ん中へドライバー(プラス)を垂直におったてて・・・

精神を集中して、まっすぐにブスッとな!




必要な書類はざっと・・・(青森陸運支局HP

かかる費用は、県証紙(印紙) 500円に、新しいナンバープレート代 1,580円の計2,080円也


今回経験して、イチバン面倒だったのは、車庫証明


ウチの場合、借地なので大家さんのハンコが必要なんだけど、使用期間の初日が未到来の場合、警察では受付してくれない。 

例えば、使用期間が9月1日からの場合、1日以降じゃないと門前払いってわけ

あと、保管場所の作図も、距離感を持っていることと地図を見慣れてないとなかなか書けないもんである。 

ちなみに費用は、県証紙代550円と2,200円の計2,750円が必要





このクルマでこれから何度この古川跨線橋を走るのだろう・・・

ねぇ、裸のリンちゃん。。


追記:実印、認印は忘れずに持っていきましょう!

オデの空 〜 カーナビ取り付けの巻

JUGEMテーマ:日記・一般 

最近は遠出することも少なくなって、まったく必要性の感じられないカーナビだが、弟がくれるというのでありがたくもらうことに。

今はなつかしいサンヨーのゴリラ NV-HD832DT

2008モデルらしいから今から4年前の製品だね。

最近のトレンドがまったくわからないけど、高い!というイメージはあるが・・・

えっ、最新型は、ちっちゃくなって価格もお安く!? 






さて、取り付けはなんなく完了♪

以前のナビととっかえるだけなんでラクだわ〜

しかし・・・

ポータブルナビってことで画面と本体の一体型モデルなんだが、

液晶が8V型とバカデカイ重量もあって両面テープがいつかはがれやしないかと今から心配である。

また、若干、助手席のエアバッグの前面にひっかかってる気もしないではないので、隣に乗ったときは安全運転お願いしますww

まーカーナビそのものよりもアナログ放送終了以来、また車内でTVが見られるのことの方がウレシかったりするー(ワンセグ)

DVDも再生できるというけれど見る機会あんのかなぁ?


近頃はスマホのGPSで十分な感もあるカーナビ業界は今後どこへいく・・・

さて、今年10月は、オデくんの車検。もう何回目か忘れたww












100均ライダー♪

JUGEMテーマ:日記・一般



このバイクの形をしたオモチャが実は100円ライター!?


これが必要な部品。(以下)




なんて、変貌ぶり!

なんて、かわいらいーんだろう!

オー・プリティー!
 



◆作り方





◆チョッパー編




すげぇー、今すぐ作りてーぜ!

プラモ少年魂は死なず♪ 


オデの空 〜 スタッドレスタイヤ 2011 編

JUGEMテーマ:日記・一般
 

11月に突入して、いよいよ青森では冬の足音が・・・


クルマを持ってる人にとっては、青森で暮らすにはスタッドレスタイヤが必需品です。

なにしろこれがないと、クルマは進まないし、止まらない!(笑


ちょうど買い替え時期なんだけど、オデの足は大きい215 60 R16 ので 

有名メーカーのタイヤだと、1本30,000円以上もするし、アダマいでぇじゃ〜


さっき、某車用品の全国チェーン店に行ってきたけど、安いタイヤは確かに安いけど、触った感じがぜんぜん違うんだよなぁ。やわらかくないというか、シンプルすぎというか・・・


結論! 今年も通販で注文することに!

いろいろ調べた結果、今履いているTOYO GARIT4がとってもよく効くタイヤだったことと、ミニバン専用設計で今年のニューモデルということから、

TOYO TRANPATH MK4αに決定! それにしてもクルミ6倍って・・・ 


もちろん、某チェーン店よりもうんと安く


ちょっとだけ、今年の雪道が楽しくなってきた






そろそろ・・・  (オデの空)

近頃、我が家のオデくんの健康状態があやしい・・・






愛用の八木沢式アンサーバックの去年の秋交換から早くも2度目の故障(基盤交換「電源ICの型番交換」)

さらに以下の症状が!


^柄阿盻ね(調整だったかも)した運転席側のパワーウィンドウがキーキーうるさい!

段差で足回りがきしむ!


ディーラーへ持っていったら


 嵒品交換(モールディングASSY)と清掃が必要で6331円(部品代4651)となります。」

◆崋匈杏覆離好廛螢鵐阿変形して干渉しているようですね。周辺の部品も劣化して交換必要です。今はとりあえずこのまま乗っているのが得策では・・・」


とのこと



う〜ん、ここんとこ、修理の連続である。

H13年式だから、もう10年か。

耐久消費財といってもいずれは買い替えられる運命の自動車である・・・そろそろ・・・


かといって今欲しいクルマもないしなぁ。


だいたいにして、こいつと別れるのはさびしすぎるのである。。



冬の風物詩といえば・・・

UGEMテーマ:日記・一般 

今年の初雪は10月26日(平野部)で、平年より12日早かったというが、あれだけ暑かった夏がまるでなかったかのような寒さだ。



さて、この時期の風物詩といえば、タイヤ交換。

ちょっと前までは、近所のあちことでレンチが地面に落ちる音がして、前の家でやると焦ってやったものだが、最近は皆スタンドらしいね。


愛車オデくんのタイヤ交換ももう何回目になるんだろう・・・

今年もガレージサカモトへ入庫。

手馴れた手つきで二人で分担作業すると、画像を撮る間もなくあっという間に終わってしまった


デカイジャッキがあると楽ですね〜♪





この日、ガレージサカモトでは、3台交換しましたよ。




しっかり空気圧チェックして、ハイ出来上がり!!


晴れていたのでウォーターフロントまでドライブ。八甲田丸とパシャ


誰かが今年はエルニーニョだかラニーニャだから大雪だと言っていたが根拠あんの、アレ 



オデの空〜「車検はどこも同じ!?」

今朝は早寝早起きを実践してもうた。 あぁ、これが縄文時代から正しい人間の生活なんだなぁ。

さて、きのうは愛車の車検。H13年式なので、もう4回目(?)

走行距離は6万kmだが、去年あたりから、特に足回り関係がチョロチョロと・・・

ブレーキとロータ固着、デフオイル漏れ、パワステポンプ故障・・・ 今回は、左タイロットエンド交換をした。

車検費用は結局
自賠責保険    22,470
重量税・印紙   41,800
技術料      36,400
部品代      11,500
消費税       2,395
合計  114,565円となりました。(税金タケーのがわかりますね)

前回に引き続き、沖館にある職場近くのGSへ依頼 最初は不安でしたが、事前の点検も整備士が時間をかけて行うし、ディーラーのようにやれマフラーが、レーダーが、ナンバープレートカバーが・・・など純正外部品に文句を言われないのがイイ!

オマケにティッシュ30箱、ガソリン20リットルもらいました。

GSだけに洗車してくれるので、引き取りにいったときピカピカでした☆

さらに今後2年間は、オイル交換4回タダ、そしてガソリンいつでも5円/リットル引きです(ヤター!)

 

夢のあるクルマとは?・・・ハチロク復活!?

東京モーターショー。 自動車業界もトヨタのリコール問題とか、あまり明るい話題がないが、こういう夢のあるイベントはイイね。

目玉は、なんといってもトヨタの86後継者と言われるFT86か!

80年代当時、峠の走り屋のあこがれであるあのハチロクですよ!! 
ドリドリーーーーーーーーオジサン涙目だす

でもエンジンはなぜかスバル製? 2000GTもヤマハ製だったし、エンジンの技術者いねーのかい、トヨタは

JUGEMテーマ:日記・一般



最近は、ハイブリットや電気自動車がもてはやされているけど、クルマは、やっぱりスポーツカーが花形ですね。

12月の今年のモーターショーが楽しみだ



ドリキンこと、土屋圭一さん。 お元気ですか