スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

モバイルチョロQ

20060923_207543.jpg
きのう青森市内にある量販電気屋の携帯アクセサリーコーナーでこんなものを見つけた。『世界最小!リモコンチョロQ〜モバイルチョロキュー

なんと携帯電話でリモートコントロールでき、「ブブー・キキー・ブーン」と3種の効果音が鳴らせるという。通常1680円のところ500円で売っていた。面白そうなので速攻買いである。

しかし・・・何度試してもオイラのケータイでは動かない。箱をよく見ると裏側に小さく「iモード非対応の携帯電話はご使用になれません」だと!
つまり、オイラのauでは動かないということか!

そ、そんな大事な事は箱の正面にでかく書けよな〜ったくよ〜(-_-#)

で、気をとりなおして付属のタイヤ型コントローラーで遊ぶことにした。

しかし・・・今度はバックターンしねぇでやんの。前進と後進の一直線のみ。これじゃすぐ机から落っこちてしまうじゃねーかよー(怒)、そして、効果音は鳴らず(携帯専用機能のため)



全国auユーザー2千万人分の1人を完全に敵にまわしたしたね、タカラさん。
技術的な問題があるとも考えられないし、今時、iモード以外の携帯利用者を排除するなんて許せん!

ん、でも誰が一番得をするか考えると・・・・天下の大企業○TTの策略か!?

安物買いの銭失いとはまさにこのことである。(猛省)

ソニーの不正改造


先日、プレステ2(70000番代)のACコンセントの接触不良があったので修理に出した。数日後宅配便で届いた。実に早い対応だ、素晴らしいと思っていたら、なんと、頼んでもいない部分が改造されてきたのであった。


それはどういうことかというと、プレステは、コピーゲームが簡単に動くが、ただし、それには「スワップマジック」というソフトを一旦起動させ、コピーゲームに差し替える必要がある。通常、ディスクを取替えると停止状態になってしまうので、読み込みを継続させるため、ある部品を装着するのだが、その取り付け口が閉じられてきたのである。
  指で指しているココ


これは明らかにコピーゲーム対策である。しかしである。修理をお願いしたのは、ACコンセントの接触部分であって、ここではない。

ユーザーに何の連絡もなく勝手に改造(修理)してくるのって問題ないか?(ありありだ!!)
これでは、三菱自動車のリコールかくし(不具合部分を国に報告せず、定期整備時等に部品交換してしまう。もちろんユーザーへの説明はない。)となんら変わらない。

まぁソニーにしてみれば、コピーゲームで遊ばれると商売あがったりというのもわかるが、現在こうやってコピーゲームで楽しんでいるユーザーはごまんといるはずだ。雑誌でも堂々と紹介されているし。

世界のソニーなら、ユーザー相手にそんなせこいことせず、コピーゲームを起動させるソフト会社と真っ向からやりあって欲しいものだ。

大人のおもちゃ

20060410_127727.jpg
4月は社会人にとっても新しい仕事と仲間を相手に気苦労が多い。
「よろしくお願いします。」と何度も挨拶と名刺交換を繰り返しながら、「いい加減にしてくれよ。」と心の中では思ってしまう。

そろそろ限界か?ん?

最近、明らかにある一定以上の年代にしかわからないオモチャが氾濫している。値段も結構する。もうひとつの大人のオモチャ。

仮面ライダー返信ベルト。3万円也

やはり、いい大人がこんなものに大金をはたいちゃいけない。こんなものを買うために毎日汗流してるわけじゃない。(身に付けたいとは思う。)

自己中で昔を懐かしむだけの大人にはまだなりたくないな。(がんばれオレ)
1