スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

念願のマイホームなのか・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

 

the Mantkai ブログ。なんとなくほっといたら、2016年は一度も記事を書いてないじゃなかー!

 

う〜む、いいのかこのまま自然消滅で・・・

 

ネタさがしに困ってるわけでもないんだけどなぁ。

 

そこで、実は昨年、家を新築(建替え)したのだが、まぁ、なるほど! マジ? など色々あったので、一生に一度の買い物と言われているマイホームができるまでの道のりを連載してみたい。

 

そもそも、まったく建替え計画なんてものはなかったのだが、2015年の春(6月)、父親がこんなことを言い出したのであった。

 

裏に新しい家でぎだけど、うぢの屋根雪流れでいがねよに、フェンスたでるがなって思ってら」(方言のまま)

 

※こーゆーやつな(イメージ)

 

え、この家にフェンス!?

 

自分フェンスだっきゃ、夏に影でぎるし、うぢの屋根雪ハンパねして、あふれで流れるじゃよ!

 

父「へばどすんのや?

 

自分「うぢ(家)の屋根のカダヂ(形状)片流れ式だし、家古いので一回(リフォーム)診断してもらうべし!

 

ということで、新築そっくりさんのCMの業者、S不動産へ相談することに。

 

床下に潜るなど、結構ちゃんと調べた結果がこれだ↓

 

 

 

 

基礎が割れて、建物が傾いている!! (゜o゜;

 

 

 

 

あと、詳細必要耐力 偏心率法とかいう一般診断法による耐震診断の結果は、、、

 

 

 

 

家族「ゲ! 倒壊するー!?

 

S不動産「はい、ねじれるように倒れます!

 

 

このときS不動産の営業マンがにこやかだったかどうかは覚えていないが、この家に愛着があり、これまで建替え話には耳も貸さなかった父親の気持ちを動かすほどのメガトン級の衝撃だったのは確かである。

 

この日を境に、いきなり、突然、それはやってきたのだった・・・(つづく)

 

 

 

👆その屋根雪をかたす(片付ける)息子と下から声かける妻。ヒドイときは、1F部分が落ちた屋根雪で埋まりますDocomo_kao18

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
久しぶりの更新、お待ちしておりました(^^♪

片流れ式の屋根は雪下ろしの手間は無いけど、落ちる場所によっては逆に片付けが大変なんですよね〜f^^;
それに加えて耐震診断の結果もあれば、建て替えに話が行くのも納得です。

これからの連載、楽しみにしてます。

息子さん。たくましい身体つきになりましたね〜^^

トラックバック
この記事のトラックバックURL